和歌山県岩出市の整理収納アドバイザー 小笠原智子です。


私は年末のバタバタした雰囲気がとても苦手です^^;

その大きな原因となっているのが年賀状だと 数年前から思っていました。

年賀状のやり取りが嬉しいという気持ちもありましたし
いただくのを楽しみにしている気持ちもありました。

ただ 年賀状の準備が億劫になっていたのも正直なところでして^^;

平成から令和へと元号が変わったこともあり 平成を最後に年賀状じまいをしようと決めました。
3a04de6f-s
昨年の秋頃に 友達や知り合いにはSNSやLINEでお知らせを。

「これからもよろしくね♡」の言葉も添えて^^

そうしたら年末がすごくラクだったんです!!

お正月 年賀状が届かなくて寂しいという気持ちも不思議とありませんでした。

年賀状というものが 自分にとって もう必要なツールではなくなったんだなと感じました。


年賀状の良さもモチロンたくさんあると思います。

日本人として 年賀状という文化を娘にちゃんと伝えたいですし 
実際に主人と娘は年賀状を出し続けています。

ここ 矛盾してますかね!?^^;

でも・・

出したい人は出す やめたい人はやめる

世の中の流れが そのように選択できる風潮になってきたということは とてもいいことだなと思っています^^


自分のしたいこと 自分に必要なこと 自分の望むこと

それをちゃんと見極めて 選んで 
そして 更に心地よい暮らしをしていきたいなと感じたお正月でした^^